デミオDE系 DIY
デミオDIY
メンテナンス

デミオのエンジンオイル交換方法

デミオのオイル交換

デミオのエンジンオイル交換方法です。まずデミオのエンジンオイル交換に必要な工具や資材は下記の画像のようになります。

まず、エンジンオイルです。
エンジンオイルは、フィルター交換なしの場合、3.7L
フィルター交換ありの場合、3.9Lとなっています。

次に、廃オイル受け皿です。使用済みのエンジンオイルをこちらの廃オイル受け皿に排出します。

そしてふき取りようウエスです。次に、オイルジョッキ・ジョウゴなどの注入用道具です。
ビニール手袋もあると便利です。そしてオイルフィルターを外すためのフィルターレンチ。ドレンボルトを緩めるためのラチェットハンドルなどです。
オイルドレンボルトのパッキンも用意しておく必要があります(毎回新品と交換する必要があります)

最後に、ドレンボルトを規定トルクで締付けるためのトルクレンチとなります。

デミオのオイル交換に必要な工具一式

それでは、作業をすすめます。まずジャッキアップ手順によってジャッキアップします。

車体の下にもぐってオイルドレンボルトを緩めます。緩めるとオイルが勢いよく排出されますので、あらかじめ廃オイル受け皿を下にセットしておきます。
デミオのオイルドレンボルト

廃オイル受け皿

オイルがすべて抜けきったら、ドレンパッキンを新品に交換して締付けます。トルクレンチを使用して規定のトルクで締付けます。
トルクレンチ

こちらがオイルドレンボルトです。
オイルドレンボルト


次は、オイルフィルターを取り外します。フィルターレンチを利用して緩めます。

フィルターレンチ

こちらも廃オイル受け皿をセットしておきます。
廃オイル受け皿

オイルフィルターを取り外したら、新品のオイルフィルターを準備しオイルフィルターのパッキンにオイルを塗布しておきます。
オイルを塗布

廃オイルはオイル処理ボックスなどに入れて廃棄します。(自治体によって廃棄方法がことなります)
オイル処理ボックス

オイルフィルターを取り付けます。
オイルフィルター取付け
オイルフィルター取付け

オイルドレンボルトとオイルフィルターを取り付けたら、車体を下ろして、エンジンルームのオイル注入口からオイルを注ぎます。
規定量オイルを入れたら、エンジンを始動します。アイドリング後、数分たってから、オイルレベルゲージでオイルの量を確認して作業完了です。

カテゴリー:メンテナンス

オリジナルパッケージ
プロフィール

デミオDE5 DIY

ワゴンR MH23S ファンサイト

フィットDIY

S2000 DIYファンサイト